パソコープテキスト

川島隆太教授のいきいき脳体操


川島隆太教授のいきいき脳体操
脳体操

「川島隆太教授のいきいき脳体操」はiPadなどのタブレットに入れて、ブレイン(脳)エクササイズ(運動)をするためのアプリです。
東北大学 川島隆太教授は脳の活性化をリアルタイムでわかる機械「光トポグラフィ」で60~90代の一般市民の脳を計測し、「脳トレゲーム」で脳の前頭前野が活発に働いている事がわかりました。
川島隆太教授監修のもと、仙台放送は2004年から脳トレのテレビ番組「テレビいきいき脳体操」を放送しています。その蓄積のもとにこのアプリのゲームが作られています。
楽しくゲームをすることで脳のトレーニングができます。このゲームは脳の中でも特に人間らしさを生み出している「前頭前野」と呼ばれる部分が活発に働く事が科学的な実験で証明されています。また、この部分を活性化させることが、認知症の予防につながると考えられています。
毎日5分のゲームで楽しくブレイン エクササイズをしましょう!
目次 ・“いきいき脳体操について
・脳体操アプリを入れてみよう
・いきいき脳体操の使い方
・ゲーム数制限の解除をしよう
・画面とゲームの説明
主な学習内容 何故読み書き計算で認知症が改善するのか?、効果的な使い方、iPadへのインストール、ゲームの進め方、ゲーム数制限の解除、各画面とゲームの解説